ニュース

トップページ » ニュース » 「食べ残しの持ち帰り」に関するガイドラインを改正しました

2021.02.25「食べ残しの持ち帰り」に関するガイドラインを改正しました

 京都市では,飲食店での食品ロスを削減するため,飲食店で提供される料理を食べきる取組を進めるとともに,平成26年12月に,「食べ残しの持ち帰り」に関するガイドラインを制定し,飲食店での食べ残しについて食品衛生面に注意しながら,利用客の自己責任による持ち帰りをできる限り行っていただくよう,飲食店の皆様や市民の皆様に呼び掛けてきました。
 今回,消費者庁・農林水産省・環境省・厚生労働省の連名で発表された「飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項」に合わせて,同ガイドラインを改正しましたのでお知らせします。
 京都市では,このガイドラインに則った「食べ残しの持ち帰り」を一層推進していただくよう,飲食店の皆様や市民の皆様に呼び掛けていきます。

 

「食べ残しの持ち帰り」に関するガイドライン

 

motteco

環境省では,公募により,「飲食店等で食べきることができなかった料理を持ち帰る行為/行動」の新たな名称を「mottECO(モッテコ)」に決定。持ち帰りの拡大に向けてロゴマークも作成した。

前のページへもどる
ページの先頭へ