ニュース

トップページ » ニュース » 食品ロス削減につながるサービスの説明・相談会を開催

2021.09.27食品ロス削減につながるサービスの説明・相談会を開催

食品ロスになりそうな商品と消費者をアプリを使ってマッチングするサービス「フードシェアリング」や,AI等の需要予測に基づき,売れ残りが出ないように食品の製造や発注を行う「食品の需要予測」等のサービスが,食品ロスの削減だけでなく,売上の向上やコストの削減にもつながるため,近年注目されています。
そこで,この度,食品関連事業者の皆様に,上記サービスの内容や利用方法,メリット等の認識を深めていただく場,また,サービス提供事業者とのマッチングの場を提供する場として,説明・相談会を開催します。
 

1 日時(両日とも同様の内容です)
⑴ 令和3年10月27日(水)午後2時~午後4時
⑵ 令和3年10月28日(木)午前10時~正午
 

2 参加方法
会場参加又はオンライン(Zoom及びYouTube)参加のいずれか
 
3 会場(来場いただく場合)
メルパルク京都 4階 研修室3【藤】
京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
TEL:075-352-7444


4 定員(両日)
⑴ 会場参加(来場):先着70名
⑵ オンライン参加:制限無し
 

5 参加費
無料
 

6 対象
京都市内に事業所や店舗がある食品関連事業者
 

7 内容
⑴ サービス提供事業者によるサービス内容の紹介
ア  KURADASHI((株)クラダシ)
食品ロス削減に賛同いただける食品関連事業者様などから協賛価格で買い取った商品(通常のルートでは販売が難しくなった商品)を最大97%OFFでお客様へ販売し,売上の一部を社会貢献活動団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイトです。環境保護や動物保護の団体,クラダシ基金など,様々な社会貢献団体を支援しています。全国の協賛企業数は約850社,利用者数は約24万人です(2021年9月現在)。
 
イ  TABETE((株)コークッキング)
お店で売れ残ってしまったパンやお惣菜,お料理などを近くのTABETEアプリ利用者にお知らせし,レスキュー(テイクアウト)していただける国内最大級の食品ロス削減サービスです。TABETEがきっかけで,通常来店する新しいお客様の獲得にもつながるうえ,コロナ禍で高まっているテイクアウト需要を取り込むことができます。全国の累計登録店舗数は約1,800店舗,累計登録者数は約46万人です(2021年9月現在)。
 
ウ  売りドキ!予報((一財)日本気象協会)
POSデータや気象データ,SNSデータ等から算出した商品カテゴリ別の需要予測指数(売りドキ!指数)を小売事業者等の皆様に提供し,従業員の皆様がその需要予測指数や天気予報を確認し,発注量や加工量,棚卸の調整や販売促進などに活用いただくことで,食品廃棄の削減や売上の増加等,生産性の向上につながります。
⑵ サービス提供事業者との個別相談・質疑
 

8 申込方法等
⑴ 申込方法
以下のURL又は二次元コードからお申込みください。

https://shokuloss0serv-kyoto.com
 

 
 
 
 
⑵ 申込期間
令和3年9月27日(月)~令和3年10月22日(金)
 

9 備考
⑴ 紹介するサービスは,本市が令和3年8月13日~同月31日に実施した「AI・IoT等を活用した食品ロス削減に効果的なサービスに関する食品関連事業者向け説明会(仮称)への出展者募集」に応募いただいたものです。
⑵ サービス提供事業者と食品関連事業者の個別の商談やトラブルに本市は一切関与しません。
 

10 問合せ先
京都市中京区河原町二条下る一之船入町384番地 ヤサカ河原町ビル8F
京都市環境政策局循環型社会推進部資源循環推進課
(電 話)075-213-4930  (FAX)075-213-0453
(電子メール)gomigenryo@city.kyoto.lg.jp

前のページへもどる
ページの先頭へ