ニュース

トップページ » ニュース » 食品スーパー等では「てまえどり」を

2021.10.14食品スーパー等では「てまえどり」を

スーパーやコンビニで牛乳などを買う時に,消費期限・賞味期限まで長い商品を求めて,わざわざ棚の奥の方の商品を取り出してレジに向かっている方をよく見ます。
 
皆が同じことをすれば,手前にある商品はいつまでも売れ残って,最後には廃棄されて「食品ロス」になってしまいます。
 
京都市では,消費期限・賞味期限までに使い切れそうであれば,棚の手前の商品から購入していただく「てまえどり」をポスター等で呼び掛けています。
食品ロスを減らすため,「てまえどり」へのご協力をお願いします。

前のページへもどる
ページの先頭へ