食べ残しゼロ推進店舗

トップページ » 食べ残しゼロ推進店舗

制度紹介

手つかず食品や食べ残し等の食料の廃棄・損失を削減することが,経済・環境・社会における世界的課題となっています。

京都市では,飲食店や宿泊施設における食べ残しや手つかず食品といった「食品ロス」を削減し,生ごみを減量する取組として,
平成26年12月から「食べ残しゼロ推進店舗」の認定制度を実施しています。
また,平成30年9月からは店頭に並んだ食品の「食べ残しゼロ」をめざし,「食べ残しゼロ推進店舗」食品小売店版の認定制度を創設しました。
これらの認定制度を通じ,食品ロス削減の取組を広く発信していくことで,「食べ残しゼロ」の輪を広げ,食品ロス削減を進めていきます。

飲食店・宿泊施設版 食品小売店版
対象事業者 飲食店・宿泊施設 食品を取り扱う小売店
取組内容 「生ごみ3キリ運動」(食材の使いキリ,食べキリ,生ごみの水キリ)に関する取組の推進など 食品ロス(手つかず食品や食べ残し)の発生抑制に関する取組の推進など
認定ステッカー
デザイン

事業者のみなさまへ

「飲食店・宿泊施設版」「食品小売店版」の認定申請はこちらから。
認定制度の詳しい情報や申請案内,申請書のダウンロードもできます。

推進店舗MAP

「飲食店・宿泊施設版」「食品小売店版」の各推進店舗MAPページでは,
エリア・ジャンル・取組内容等で認定店舗を検索できます。

新型コロナウイルスの影響により,休業及び営業時間を変更している店舗等もありますので,詳細は各事業者様へお問合せください

ページの先頭へ